創作小説置き場です(一部BL、18禁物有り) 男女は問いませんが入る時大変ご注意下さい!(詳しくは初。にて)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と言う訳で!←

前から載せたかったSSをちょっと加筆したので(数行だけですが)
素敵イラストと合わせて見てくれたらなあ、と思って書いてみました♪

イメージは「白い家」後です
エルクとリーザ…です一応(^_^;)

ゲームの中身意識したので…パス無で!(偶には良いですよね?/汗)

あ、絵文は無断転載&二次配布禁止です!(アーク同志さんは一声あれば差し上げます←)

それでは拙い文ですがm(__)m ↓


『 眩輝 』


 どうしてだろう

 揺れる水面を見る度に

 自分の過去が反映する

 あの頃の無邪気な自分が憎らしい

 でも同時に羨ましくなる


 まだ両手が震えてる

 なあ、ゴメン…結局オレはお前を

 救えなかったよ


glare



「……エルク?」
「──何でもない」

 嘘だけど、気を使わせたくない

「……何かあったら、言ってね?」

 彼女は優しい、それすら思い出させる

「───ッ、…ミリ、ル」

 俺は弱い、けどいつまでも
 後ろを向いていられねえ

「──らしくねえもんな」
「…そうね、」

 有難う、好きだった…。


─────
以上ですm(__)m
友人の絵をこっそり載せてます←

絵の下からが書き下ろしです(^_^;)
前のままだと余りにも暗いので
リーザ登場です←うわあ

ここまで読んでくれて有難うございましたv
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
『 眩輝 』


 どうしてだろう

 揺れる水面を見る度に

 自分の過去が反映する

 あの頃の無邪気な自分が憎らしい

 でも同時に羨ましくなる


 まだ両手が震えてる

 なあ、ゴメン…結局オレはお前を

 救えなかったよ


glare



「……エルク?」
「──何でもない」

 嘘だけど、気を使わせたくない

「……何かあったら、言ってね?」

 彼女は優しい、それすら思い出させる

「───ッ、…ミリ、ル」

 俺は弱い、けどいつまでも
 後ろを向いていられねえ

「──らしくねえもんな」
「…そうね、」

 有難う、好きだった…。


─────
以上ですm(__)m
友人の絵をこっそり載せてます←

絵の下からが書き下ろしです(^_^;)
前のままだと余りにも暗いので
リーザ登場です←うわあ

ここまで読んでくれて有難うございましたv
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2010/03/20 01:48】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。