創作小説置き場です(一部BL、18禁物有り) 男女は問いませんが入る時大変ご注意下さい!(詳しくは初。にて)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ような気もしますが…スイマセン orz←
H林さんの「俺が死んだら~」の親分の件に
影響を受けて書いてみましたv

…悪影響になってないかな?(汗)

最後のタイトルは2人の武器から取りました
…毎回安直でスイマセン(^_^;)

拙い文ですがm(__)m

*****

「俺が死んだら…泣いてくれるか」
刀の手入れの最中にする話じゃねえだろ、と思いながらも聞き入れた

「お前は……どうなんだ」
「俺、か―――そうだな」
白い指先から黒い銃器が覗く

「まず…泣けるかどうか、解らないな」
「ハッ…違いねえ」

只、黙って磨く音が鳴る
男二人の会話かと思いながら掛け合う

「でも……嫉妬はする」
「…何にだよ」

滅多に聞かない言葉に狼狽える

「死に目に…会えないかもしれないだろ、だから妬く」
お前の可愛がってる子分とかに、それを聞いて

「じゃあ…俺も同じだな」
お前の可愛がってる 糞ガキ共に、と返してみた
それを聞いて只微笑んでるだけだった

「………お前は愛しいよ」
「ハァ!? 愛しいねえ」
酔ってるか、と聞くと少し、と応えた
幾分前に呑んだ酒が今頃回ってきたのか

「こんな感情持ち合わせてないと思っていた…有難う」
「……そうかよ」

手入れした刃に写るのはお前の顔
黒光りの銃口が向けられ
俺も刃先を眉間に向かわせる

「どうせなら…」
「嗚呼、そうだよな」

互いに愛器を突きつけながら

「「一緒に逝きたいよな?」」

くだらない願いを吐いてみた


   クリムゾンと紅蓮のカルマ


*****
以上ですm(__)m
書きたい台詞を詰め込んだら
妙に暗い内容に…アレ?←

まあ、置いていかれるよりは
一緒に…っていうだけの話です(苦笑)
ココまで読んでくれた方
有難うございました(*´∀`*)
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

*****

「俺が死んだら…泣いてくれるか」
刀の手入れの最中にする話じゃねえだろ、と思いながらも聞き入れた

「お前は……どうなんだ」
「俺、か―――そうだな」
白い指先から黒い銃器が覗く

「まず…泣けるかどうか、解らないな」
「ハッ…違いねえ」

只、黙って磨く音が鳴る
男二人の会話かと思いながら掛け合う

「でも……嫉妬はする」
「…何にだよ」

滅多に聞かない言葉に狼狽える

「死に目に…会えないかもしれないだろ、だから妬く」
お前の可愛がってる子分とかに、それを聞いて

「じゃあ…俺も同じだな」
お前の可愛がってる 糞ガキ共に、と返してみた
それを聞いて只微笑んでるだけだった

「………お前は愛しいよ」
「ハァ!? 愛しいねえ」
酔ってるか、と聞くと少し、と応えた
幾分前に呑んだ酒が今頃回ってきたのか

「こんな感情持ち合わせてないと思っていた…有難う」
「……そうかよ」

手入れした刃に写るのはお前の顔
黒光りの銃口が向けられ
俺も刃先を眉間に向かわせる

「どうせなら…」
「嗚呼、そうだよな」

互いに愛器を突きつけながら

「「一緒に逝きたいよな?」」

くだらない願いを吐いてみた


   クリムゾンと紅蓮のカルマ


*****
以上ですm(__)m
書きたい台詞を詰め込んだら
妙に暗い内容に…アレ?←

まあ、置いていかれるよりは
一緒に…っていうだけの話です(苦笑)
ココまで読んでくれた方
有難うございました(*´∀`*)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:二次創作(BL) - ジャンル:小説・文学

【2010/05/07 00:52】 | 屑鉄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。