創作小説置き場です(一部BL、18禁物有り) 男女は問いませんが入る時大変ご注意下さい!(詳しくは初。にて)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

150記事の筈です(笑)
何か「カンタレラ」聞いてたらウチにも
そんな内容(雰囲気?)の小説があったのを思い出して
載せてみる事に(*^_^*)

でも曲を意識しないで書いてたと思います…多分←

間奏のシーンが凄く好きですv






あと挿絵も追加してみました(*´∀`*)
元々、絵を見て書き始めたのが切っ掛けですv

それでは拙い文ですが m(__)m ↓


******

ずっとみていた
誰よりも何よりも

何処にも行かさない
花につく蝶のように

閉じ込めてやりたかった


野薔薇に纏う棘のように
狂えば良かったのだろうか

お伽話の様に好きな者同士が
結ばれる事なんて決して無いのだから



「──兄、さま?」

ハッとした、目の前には自分の寝室で横たわる
妹の姿が在ったから





只々、抱き締める事しか出来なかった
無意識に求めていたのだろうか

長い髪がシーツの波の上で溺れる

「……お前は良い子だね、本当に」
頬に触れる掌は何故か異様に冷たかった

時が満ちるにつれ、想いは募り
自分で抑える事は出来なくなってきていた
 
怖いのは、愛おしいこの子の笑顔が
曇る事だろうか


「兄さま…急に、どうしたの?」
 嗚呼、そうやって変らず無垢な瞳で見詰めてくれる
 それが堪らなく辛いんだ

「大丈夫? ──ドコか痛いの?」
 自分の頬に添えられた手は温かだった

「──…嗚呼、ちょっと疲れてるんだ」
 虚を吐いて横たわり、小さな掌に口付ける


愛する子よ、どうかその侭
変らずに眼差しを向けてくれないか


『 薔薇園の君へ、そして隣人は想いを失う。 』 


******

以上ですm(__)m
挿絵は
織羽さんから頂きました!
いつもありがとうございます(*^_^*)
この絵を見て小説を書きたくなったんですよね(苦笑)

タイトルは無意味に長いのを着けたくて・・・つい←

ここまで読んでくれた方々、感謝です♪
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


******

ずっとみていた
誰よりも何よりも

何処にも行かさない
花につく蝶のように

閉じ込めてやりたかった


野薔薇に纏う棘のように
狂えば良かったのだろうか

お伽話の様に好きな者同士が
結ばれる事なんて決して無いのだから



「──兄、さま?」

ハッとした、目の前には自分の寝室で横たわる
妹の姿が在ったから





只々、抱き締める事しか出来なかった
無意識に求めていたのだろうか

長い髪がシーツの波の上で溺れる

「……お前は良い子だね、本当に」
頬に触れる掌は何故か異様に冷たかった

時が満ちるにつれ、想いは募り
自分で抑える事は出来なくなってきていた
 
怖いのは、愛おしいこの子の笑顔が
曇る事だろうか


「兄さま…急に、どうしたの?」
 嗚呼、そうやって変らず無垢な瞳で見詰めてくれる
 それが堪らなく辛いんだ

「大丈夫? ──ドコか痛いの?」
 自分の頬に添えられた手は温かだった

「──…嗚呼、ちょっと疲れてるんだ」
 虚を吐いて横たわり、小さな掌に口付ける


愛する子よ、どうかその侭
変らずに眼差しを向けてくれないか


『 薔薇園の君へ、そして隣人は想いを失う。 』 


******

以上ですm(__)m
挿絵は
織羽さんから頂きました!
いつもありがとうございます(*^_^*)
この絵を見て小説を書きたくなったんですよね(苦笑)

タイトルは無意味に長いのを着けたくて・・・つい←

ここまで読んでくれた方々、感謝です♪
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

【2010/05/23 21:30】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。