創作小説置き場です(一部BL、18禁物有り) 男女は問いませんが入る時大変ご注意下さい!(詳しくは初。にて)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな気持ちを込めて←
拳修を書いてみました^^ 数ヶ月ぶりにry

いやまさかの本誌再登場ですよ!(一コマだけど)
ついでに(!?)平子さんも(*´∀`*)

早く修兵と絡んてくれ…ッ!(切実に)

内容は前回のとは無関係な設定です^^;
単品でも読める内容です

若干修兵が乙女です////
それでも良かったら ↓



襖が開けた瞬間に言葉を無くした
其処には願っていた事が起こったから


ポラリスの空白 



何度も夢見てた、焦がれてた 

この光景に

「……嘘、だろ?」

向こうは少し首を傾げながら歩み寄り

「何言って……お、オイ!?」

霞んで顔が見えなかった
きっと自分は酷い顔をしている

ずっと幼い自分から憧れていた人が目の前にいる
待ち続けて居た人と共に闘えるなんて

「スイマセン……ッ、大丈夫です──」

もうどうして良いか解らなかった
自分はこんなに駄目な人間だったかと

泣かしてる、と茶化す声も聞こえた

「(情けない、顔も上げられないなんて)」

でも泣きたいくらい嬉しかった
貴方に会いたくて

此処まで来たから

「拳西が泣かしたー!」
「喧しい! ……何なんだよお前」

そう言うと否や突然頭を両手で待ち上げ

「泣くな!! そういう時は笑え」

そう言ってまた不器用な笑みを俺に向けてくれた

嗚呼、貴方の両手の温もりに
また涙が溢れてしまいそうです

*******

忘れる筈がない

相変わらず泣き虫は治ってないようだ
でも成長の証が伺える

その刺青(シルシ)を誇らしく思ってくれていた事を嬉しく思う

「あー、檜佐木修平……か?」
「は、ハイ!! 何でしょうか六車隊長ッ」

猫のようなくりっとした眼が見上げる
思わず身を引いてしまった

「いや、拳西で良い──俺も名前で呼ぶしな」

そう言うと凄い勢いで首を降った

「た、隊長格の方を──そんな風には……出来ませんッ!!」

そう言って泣き腫らした眼が見詰める
さっきまであんなに弱く見えたのにな、と

思わす苦笑していた
その声に反応したのかピクリと肩を揺らした

「まあ、焦らずいけや……修兵、」

頭を軽く撫でてやると
子供みたいな笑顔をみせた

なんだ、そんな顔も魅せるのかと

「(益々楽しくなってきそうだな)」

きっと待ち望んだ天開(シアワセ)


***********

以上です^^ ここまで読んでくれた方々有難うございましたノシ
拳修もっと増えろ!←

スポンサーサイト


追記を閉じる▲



襖が開けた瞬間に言葉を無くした
其処には願っていた事が起こったから


ポラリスの空白 



何度も夢見てた、焦がれてた 

この光景に

「……嘘、だろ?」

向こうは少し首を傾げながら歩み寄り

「何言って……お、オイ!?」

霞んで顔が見えなかった
きっと自分は酷い顔をしている

ずっと幼い自分から憧れていた人が目の前にいる
待ち続けて居た人と共に闘えるなんて

「スイマセン……ッ、大丈夫です──」

もうどうして良いか解らなかった
自分はこんなに駄目な人間だったかと

泣かしてる、と茶化す声も聞こえた

「(情けない、顔も上げられないなんて)」

でも泣きたいくらい嬉しかった
貴方に会いたくて

此処まで来たから

「拳西が泣かしたー!」
「喧しい! ……何なんだよお前」

そう言うと否や突然頭を両手で待ち上げ

「泣くな!! そういう時は笑え」

そう言ってまた不器用な笑みを俺に向けてくれた

嗚呼、貴方の両手の温もりに
また涙が溢れてしまいそうです

*******

忘れる筈がない

相変わらず泣き虫は治ってないようだ
でも成長の証が伺える

その刺青(シルシ)を誇らしく思ってくれていた事を嬉しく思う

「あー、檜佐木修平……か?」
「は、ハイ!! 何でしょうか六車隊長ッ」

猫のようなくりっとした眼が見上げる
思わず身を引いてしまった

「いや、拳西で良い──俺も名前で呼ぶしな」

そう言うと凄い勢いで首を降った

「た、隊長格の方を──そんな風には……出来ませんッ!!」

そう言って泣き腫らした眼が見詰める
さっきまであんなに弱く見えたのにな、と

思わす苦笑していた
その声に反応したのかピクリと肩を揺らした

「まあ、焦らずいけや……修兵、」

頭を軽く撫でてやると
子供みたいな笑顔をみせた

なんだ、そんな顔も魅せるのかと

「(益々楽しくなってきそうだな)」

きっと待ち望んだ天開(シアワセ)


***********

以上です^^ ここまで読んでくれた方々有難うございましたノシ
拳修もっと増えろ!←

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2012/01/17 02:11】 | 脱色
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: 私にしては甘めです(笑)
杜里 リュカ
ラセルさんに褒めて貰えて嬉しいですv(*'▽'*)

書いててこれはないわー、と思ったんですが数百年振りの再会だし…と←

早く本誌でイチャイチャして欲しいです!(切実に)
支部かな(´・ω・`)私的にはもっと増えて欲しいです!!

良かったらまた覗きに来てくださいノシ

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/17(Tue) 17:23 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/17(Tue) 22:18 |   |  #[ 編集]
Re: 私にしては甘めです(笑)
ラセルさんに褒めて貰えて嬉しいですv(*'▽'*)

書いててこれはないわー、と思ったんですが数百年振りの再会だし…と←

早く本誌でイチャイチャして欲しいです!(切実に)
支部かな(´・ω・`)私的にはもっと増えて欲しいです!!

良かったらまた覗きに来てくださいノシ
2012/01/17(Tue) 23:57 | URL  | 杜里 リュカ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。